Google
ゴルフ工房 ゴルフ研究所 クラフトマン&プロゴルファー 宮田孝誠プロフィールご紹介
クラフトマン&プロゴルファー                                  宮田孝誠プロフィール
 

1973年に14歳にてゴルフを始めグリップ交換やパターネックを捻っては

フェースの向きとシャフトとソールの向き等を覚える。

又、パーシモンヘッドでの研磨(ヤスリでの簡単な整形)・シャフト交換でクラフトマンの真似事を開始。


その後、1985年26歳にて日本プロゴルフ協会 トーナメントプロ部門合格。


プロゴルファーでの試合等ゴルフ経験を生かし、レッスン活動と ゴルフ工房 ゴルフ研究所設立。


現在、身体の故障から現役引退致しましたが、現役時代からツアーバスでの調整では満足せず、

自身でのクラブ調整等手がけておりました。

しかしながら、現役時代全国を試合で渡り歩いた際、

ツアーバン等・全国の工房・修理屋さんには大変お世話になりました。

心から感謝しております。 それらの経験が現在生きていると思います。


現役中は感覚を中心に、

クラブ等パーツを選び未知な部分を探り試行錯誤の連続と繰り返しで、

現在のようにデジタル数字等での計測値での狙ったクラブ作りなど夢のようでした。 

特にシャフトに関しては、

スパイン等シャフト硬度バランスが数字で分かる事はクラブ作りには欠かせません。

したがい、ゴルフ研究所では出来る限りの計測の元でクラブ作りを行っております。


しかしながら、ゴルフクラブの未知な部分はまだまだ多く日々研究の毎日です。 

たぶん一生勉強とは思いますが、特にシャフトスパインアライメントでの最先端で、

いつまでもいられる事を目標に日々勉強致しております。


2017年現在、修理暦 43年


宮田孝誠 
                                                


名前 宮田 孝誠  Miyata Kousei
所属  ゴルフ工房 ゴルフ研究所
プロ入会 1985年日本プロゴルフ協会入会 トーナメントプレイヤー部門会員
住所 高知県高知市一宮
生年月日 1959年 7月26日
血液型 A 型
資格 日本プロゴルフ協会 宮田孝誠会員紹介ページ
                主な成績
(ローカル競技)
1990 岡山オープン             優勝
1991 中・四国オープン         映像 優勝
安芸オープン(広島) 優勝
1993 長船オープン(岡山) 優勝
岡山オープン          映像 優勝
つるやオープン(当時後援) 2位
1994 ミッドサマーオープン(広島) 優勝
徳島オープン 優勝
 




Home

振動・硬度・方向・重量・等 計算されたバランスよくセットされた システム VHDA ゴルフ研究所独自のオリジナルシステム 妥協を許さないトータルバランスシステム